食事をした後で、カラダの中で何が起こっているか理解する。

食事をした後にカラダの中で起こる事

 

簡単に言うと、食事をすると私たちのカラダの中では

摂取の時間:12時~20時

同化の時間:20時~4時

排泄の時間:4時~12時  が起こっているのです。

このサイクルが、スムーズに行えるような食事をするのが

カラダに負担が掛からないのですが

「私たちの常識では、1日3食しっかり食べましょう」という

教えが、現在でも考えられていて、幼稚園や保育園では

連絡帳に朝食は何を食べてきたのか、確認までしてる所があるそうです。

3つのサイクルを、カラダの機能に当てはめて考えると

朝食の時間帯は、ちょうど排泄の時間にあたります。

1日3食はちょっと多すぎに気付きます。

このことを理解して、カラダの声を聴いてあげると

ほら~

朝食無くても、全然元気に1日のスタートが出来るようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。